GTDTiddlyWiki道-その壱

# 意外にも「面白い」「使えそう」レベル以上に(以下に?)掘り下げたエントリが
# ほとんどないのでこいつぁ狙い目だなと

というわけでGTDTiddlyWikiを中心にGTDライフを組み立てることにしたんですが、コイツが重い。クソ重い。web上ではそれほど指摘されていないので、たぶんMac固有の問題じゃないかと思いますが、ヤツを開いて、作業して(この段階ではサクサク)、しばらく時間おいて(もしかしたら開いてるだけでもダメなのかも)、また触ろうとすると某スタンドを使ったかとおぼしき勢いで動かない。Firefoxの他のウインドウ閉じても、Firefox再起動しても、Finderリセットしてもダメ。唯一効くのはマシン再起動のみってヲイ!全然Life hackぢゃねーだろ、ということでOperaで使用。→ダブルクリックで編集、等のAjaxな操作が全く効かないのでダメ。うーん、Portable Firefoxか?と思いきや、Flockという手がありましたね。Javascriptもちゃんと動くし、稼働開始から30分、今のところ快調ですな。よしよし。……っていうか、すげー軽い。思わずデフォルトブラウザをこちらに乗り換えたいくらいデスYO!(でもうっかり乗り換えると、開発の時に自分がハマるのが目に見えているのでグっと我慢)

[2006-04-26追記]
だ、ダミだ〜。やっぱり数時間とか開いておくと激重。いったい裏でナニをやっているのかと小一時間。気休めかもしれないけど、アニメーション切ってみるかな。。

……と、いきなり萎え萎え進行になっているところに意外な情報が(最初に読め>漏れ)

TiddlyWiki Things

ほほう、Safariでも使えるですか。そうですか。(でも肝心のJavascriptが使えないような希ガス。。今こうしている最中にもCtrl+Returnでエントリを編集完了しようとしている自分がいるくらいなわけで)ま、あとで試してみようっと。

[2006-04-27追記]
さっそく入れた。おお、動く動くjavascriptが。(もしかして最初から動いてたのかなあ)……がしかし、やっぱりセーブできない。なんだろなー。プラグインのソース見ると入ってる「empty.html」が怪しいんですが。。でも数時間表示していても重くならないからwebkitさんはエライ!かも。

(数時間経過)できたできた。プラグインだけぢゃダメなのね。プラグイン入れて、同じサイトにある「empty.html」を使わないとダメ、ということでした。通常のバージョンアップ方法(ウインドウ開いた状態で上書き)を試すもあっさり撃沈。幸い、5つの項目以外のTiddlerはほとんど(いや、全くかな)作っていなかったので、コピペを5回繰り返して移植作業完了。よしよし。

ctrl+enterするとオートセーヴされる(USBメモリで使う場合がちとアレだな)のと、バックアップを作ってくれない点と、このファイルがそもそもマルチプラットホームでないのがちょいとアレですが、まあよしとしましょう。

[2006-05-11追記]
このエントリでも、また周囲にも「GTDTiddlyWiki重い重い重い重い重いワーワーギャーギャー」と騒ぎ、「TIddlywiki 重い mac」でぐぐりまくり(成果なし。というかそもそも同様症状への該当なし)、昨日などは「やはりMac自体がダメなの鴨」とか言い出してOSの再インスコまで強行したのですが、どうも、「ファイルサーバ(netatalk限定?)上で使いつづけているとシステムへの負荷が異常に高まる」ということのような気がしてきました。ローカルのHDDに置いて相変わらずsafari対応版で読み書きを数時間してみましたが、今のところ大丈夫の模様。よく考えたら、自宅でも同期のためにわざわざファイルサーバに置いて開いていたので、同じ現象が置きていたのではないかと。うーむ、問題は遂に突き止めたような気がしますが、実際にどう対策したものかサッパリ。こまった。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です