iOSにおける着信音ループ道

時に西暦2008年、iPhone 3G日本初上陸の衝撃からはや幾星霜。もはや「iPhone以前」を思い起こすのも困難なくらい生活に馴染んでいる今日この頃ですが、導入当初のひそかな目論見として、「こ、これは着信音が作りホーダイではないか!」ということがありました。ガラケーの、箱庭的なアプリや、一応ネットに繋げなくもないんだぜ? 程度の環境に比べれば、ほぼほぼpcみたいなもんですから、ちまちまと謎の独自音声マクロ言語しばかなくても、好きな曲をうまいこと切り出すだけで、無限に着信音を量産できるワケです(もちろん個人レベルでの「私的な利用」の範囲内で、ですが)。

で、さっそく音声波形エディタのAudacityなど駆使して、自作着信音作りに着手しはじめたのですが、コレがなぜか上手くいかない。

音声ファイルから4小節程度を切り出し、Audacity上でループ再生させながら前後を切り詰め、素材によってはコンプかけたりしてから、aac(.m4a)ファイルに書き出し。Finder上で.m4rに拡張子を付け替えてから、iTunes経由で同期(iTunes12あたりから、「同期」、ではなく、「送り込み」方式になっており、若干ハマりポイントなのですが、そこは本筋ではないので割愛)。「時計」アプリのタイマーなどで、実際に鳴らしてみると……。

実際には「Your Voice(中塚武)」のイントロ部分をループさせて作っていたのですが、たぶんここで上げるといろいろアウトなので、チップチューン素材 | フリーBGM・音楽素材 MusMus から、http://musmus.main.jp/music/chip_01.mp3 の、0:28〜あたりを4小節ばかりお借りしております。。

……アレ?

なんかキレイにループしない。僅かですが、明らかに、ギクシャクしてしまっています。 続きを読む iOSにおける着信音ループ道

2018年のカレンダー

SDのサイトで毎年載せていたやつですが、こちらに引っ越します。

2018年カレンダー(PDF)

# しかし去年はこのページの更新もできていなかったのですね……。

例によってイラレのJavaScriptで作ってあります。コードを見たい方は、以下。
元号が変わって、祝日もまた変わることが決定しているようなので、来年はまた微調整ですね〜。

// Calendar Script for Adobe Illustrator CS〜CS6/CS20xx
//CSの場合は文字コードをShift_JISに、CS2の場合はUTF-8にすること
 
//初期値いろいろ(長さ系の単位はすべてピクセル)
 
//ドキュメントサイズを決定
var docX = 1280;
var docY = 854;
 
// ベースのフォントサイズ;
var fontSize = 10; 
 
//1日あたりの幅
var calDX = 26;
var calDY = 26; 
 
//1月あたりのブロックの幅(「s(日曜)」から「s(日曜)」まで)
var blockX = 200;
var blockY = 250; 
 
//カレンダーの最初の表示位置
var baseX = (docX - (  blockX * 5 ) - (calDX * 6 ))/2 ;
var baseY = 500; 
 
//複数年にまたがるかどうかのフラグ
var yearTimes = 0;
 
docObj = documents.add(DocumentColorSpace.RGB,docX,docY);
 
function setColor(r,g,b)
{
  var tmpColor = new RGBColor();
  tmpColor.red = r;
  tmpColor.green = g;
  tmpColor.blue = b;
  return tmpColor;
}
 
pObj = docObj.pathItems.rectangle(0,0,1280,-854);
pObj.fillColor = setColor(255,255,255);
pObj.stroked = false;
 
txtColor = new RGBColor();
 
docObj = activeDocument;
 
function calendar(theYear__,theMonth__){
var wrtMonth= new Array(0,31,28,31,30,31,30,31,31,30,31,30,31);
var wrtDate = new Array("S","M","T","W","T","F","S"); //曜日の表示文字列を定義
 
var yearCol = [153,153,153];
var monthCol = [64,64,64];
var weekCol = [0,84,71];
 
//■↓一週間分の色(赤輝度,青輝度,緑輝度)
var wrtColor= new Array([144,144,144],[26,26,26],[26,26,26],[26,26,26],[26,26,26],[26,26,26],[128,128,128]);
var special = new Array(3,21, 9,23, 1,1, 2,11, 4,29, 5,3, 5,4, 5,5, 8,11, 11,3, 11,23, 12,23);
var specCnt = 15; //よくわからない。祝祭日11個にHappy Mondayの+2、ということで下の定義だけでいいのでは?
var specCol = [144,144,144]; // 休日の文字色
var theDate = new Date(); // 日付オブジェクトを生成
var monthNames = new Array("january", "february", "march", "april", "may", "june", "july", "august", "september", "october", "november", "december"); //月の表示文字列を定義
var specCnt = 13; // Happy Monday対策
if (theYear__){ // 年月が指定されていた場合は年月を再設定
  theDate.setYear(theYear__); // 指定年を設定
  theDate.setMonth(theMonth__-1); // 指定月を設定
}else{
  theYear__ = theDate.getFullYear();
  theMonth__= theDate.getMonth()+1;
}
// 閏年だったら2月を29日にする
if (((theYear__ % 4 == 0) && (theYear__ % 100 != 0)) || (theYear__ % 400 == 0)){
wrtMonth[2] = 29;
}
// 春分/秋分の日を求める(1980-2099まで) #special[0]special[2]では???
special[1] = Math.floor(20.8431 + 0.242194 * (theYear__ - 1980)- Math.floor((theYear__ - 1980)/4));
special[3] = Math.floor(23.2488 + 0.242194 * (theYear__ - 1980)- Math.floor((theYear__ - 1980)/4));
theDate.setFullYear(theYear__); // 指定年を設定
theDate.setMonth(theMonth__-1); // 指定月を設定
theDate.setDate(1); // 日付を1日にし曜日を次の行で取得
var count = theDate.getDay();
var day = 0; // 曜日カウンタを0にする
var date = 1; // 日付を1日にする
var flag = false; // 休日&日曜日フラグ
var hFlag = false; // 休日フラグ
var xFlag = false; // 成人の日/体育の日等の、Happy Mondayで変動する系の休日
var i,j;
var week = 0; // 2000年からの体育の日と成人の日対策
var calX = 0; //■カレンダーを表示する相対座標(X)
var calY = 60; //■カレンダーを表示する相対座標(Y)
drawColor([0,0,0]); // 色の初期化
 
//年の描画。複数年にまたがるかどうかで処理を分岐
drawColor(yearCol);
 
if(yearTimes < 1){
    if( calMonthStart == 1){
      write(theYear__, 1174, -200,146,"HelveticaNeue-Light",5,Justification.RIGHT);
    } else {
      var nextYear = Number(theYear__) + 1;
      write(theYear__  + "–" + nextYear, 1174, -200,146,"HelveticaNeue-Light",5,Justification.RIGHT);
    }
}
yearTimes++;
 
//月名の描画
drawColor(monthCol);
if(theMonth__ == 12) {
  var theMonth = 12 ;
} else {
  var theMonth = Number(theMonth__) % 12;
}
write(theMonth, 0, 0,18); // 相対座標(0pt,0pt)に描画
write(monthNames[theMonth -1], 20, 0,12,"MyriadPro-Regular",400,Justification.LEFT); // 相対座標(20pt,0pt)に描画
 
drawColor(weekCol);
for(i=0;i< 7;i++) {write(wrtDate[i], 0+i*calDX, 30, 10); } // 曜日書き出し
 
//日付の描画
flag = false; //デフォでfalseにしとく(休日が日曜日だった場合、trueに変える)
 
for(i=1;i<=wrtMonth[theMonth]+count;i++){hFlag = false; // 休日だったらtrue
    if (day >=count){
    wrt = ""+date;
    for(j=0; j< specCnt; j++){
    if ((special[j*2] == theMonth) && (special[j*2+1] == date)){
        drawColor(specCol);
        if ((day % 7) == 0) flag = true; // 休日が日曜日だったらtrue
        hFlag = true; }
    }
date++;
if ((day % 7) == 1) week++; // 月曜日の場合は週の数を増やす
}else{ wrt = " "; }
// 1月と7月と9月と10月の休日処理(Happy Mondayの処理)
xFlag = false;
if ( ((theMonth == 1) || (theMonth == 10)) && (week== 2) && ((day % 7) == 1)) xFlag = true;
if ( ((theMonth == 7) || (theMonth == 9)) && (week== 3) && ((day % 7) == 1)) xFlag = true;

truedate = date-1;
//var thisD = new Date("09-" + truedate + "-" + theYear__ ); 
var thisD = new Date(theMonth + "-" + truedate + "-" + theYear__ ); 
y = thisD.getFullYear();
m = thisD.getMonth() + 1;
d = thisD.getDate();
yb = thisD.getDay();
var thisDate = y + "-" + m + "-" + d;

var shuubunD = new Date("09-" + special[3] + "-" + theYear__ );
y = shuubunD.getFullYear();
m = shuubunD.getMonth() + 1;
d = shuubunD.getDate();
yb = shuubunD.getDay();
var shuubunDate = y + "-" + m + "-" + d;

var calcWeekCountInTargetYearAndMonthByDate = function(year, month, day) {
   var d = new Date(year, month, day);
   return Math.floor((d.getDate() - d.getDay() + 12) / 7);
}

function getDateOfWeekOfDay(year, month, week, day) { //第n週のd曜日、の算出。日付だけ戻す。
	// 1・指定した年月の最初の曜日を取得
	var mydate = new Date(month+"/1"+"/"+year);
	var firstDay = mydate.getDay();
	// 2・求めたい曜日の第1週の日付けを計算する
	var day = day - firstDay + 1;
	if(day <= 0) day += 7;
	// 3・n週まで1週間を足す
	day += 7 * (week - 1);
	// 4・結果
	result = new Date(month+"/"+day+"/"+year);
	var Y = parseInt(result.getFullYear());
	var m = parseInt(result.getMonth())+1;
	var d = parseInt(result.getDate());
	return (d);
}


gwdate = getDateOfWeekOfDay(theYear__,9,3,1);

if ( theMonth == 9 && (shuubunD.getDate() - truedate  == 1 && truedate - gwdate == 1)  ){
  xFlag = true; //「9月における「国民の休日」」成立!
}

if (xFlag){
  drawColor(specCol); 
}else{
  if ((hFlag == false) && flag == false) drawColor(wrtColor[day % 7]);
  if (((day % 7) == 1) && flag == true) { drawColor(specCol); flag = false;}
}
////////drawBox(calX, calY); //■枠を表示する部分。しない場合は行ごと削除
write(wrt, calX, calY); //fontSize明示せず
calX += calDX;
if (day % 7 == 6) { calX = 0; calY += calDY; }
day++; // 1日増やす
} // end of for()
 
}// end of function calendar()
 
//function write(txt, x,y, fontSize){
function write(){
    var textObj = docObj.textFrames.add();
 
    var fontSize = 11;
    var fontName = app.textFonts.getByName("MyriadPro-Regular");
    var trackVal= 0;
    var justification = Justification.CENTER;
 
    switch (arguments.length) {
    default:
    case 7: var justification = arguments[6];    // 第7引数まであれば justification に代入
    case 6: var trackVal = arguments[5];    // 第6引数まであれば trackVal に代入
    case 5: var fontName = app.textFonts.getByName(arguments[4]);;    // 第5引数まであれば fontName に代入
    case 4: var fontSize = arguments[3];    // 第4引数まであれば fontSize に代入
    case 3: y = arguments[2];    // 第3引数まであれば y に代入
    case 2: x = arguments[1];    // 第2引数まであれば x に代入
    case 1: txt = arguments[0];    // 第1引数まであれば arg1 に代入
    case 0:
    }
 
    //テキストプロパティの指定
    textObj.contents = txt;
 
    for ( j = 0; j < textObj.contents.length; j++){
        textObj.characters[j].size = fontSize;
        textObj.characters[j].textFont = fontName;
        textObj.characters[j].tracking = trackVal;
    }
 
    textObj.translate(baseX + x, baseY - y);
    for (var i=0; i< textObj.characters.length; i++){
        textObj.characters[i].fillColor = txtColor;
 
    //ハイフンの色の処理
        for ( j = 0; j < textObj.contents.length; j++){
            extraColor = new RGBColor();
            extraColor.red = 204;
            extraColor.green = 204;
            extraColor.blue = 204;
            if(textObj.characters[j].contents == "-"){
            textObj.characters[j].fillColor = extraColor;
            }
        }
    }
    textObj.paragraphs[0].justification = justification;
}
 
function drawColor(col){
txtColor.red = col[0];
txtColor.green = col[1];
txtColor.blue = col[2];
}
function setColor(r,g,b){
var tmpColor = new RGBColor();
tmpColor.red = r;
tmpColor.green = g; tmpColor.blue = b; return tmpColor;
}
 
//
var nextYear = new Date();
calYear = prompt("作成する年を入れてください",nextYear.getFullYear()+1);
calMonthStart = prompt("開始する月を入れてください",1);
 
storeX = baseX;
for (cy=0; cy< 2; cy++){ //■縦に2つ
    for (cx=0; cx< 6; cx++){ //■横に6つ
    calendar(calYear, calMonthStart);
    baseX += blockX;
    calMonthStart++;
    }
baseX = storeX;
baseY -= blockY;
}

Air Video Server HD for Linuxのちょっとしたメモ(実質systemdばなし)

ワタシの常用iPhone(iOS)アプリの中では、まあまあ、レアな部類に、「Air Video HD」というのがあります。

(余談ですが、今、「そこそこの頻度(週数回以上)で起動しているアプリ」をざっと数えたら40くらいありました。体感的に20も無い、と思ってましたが、意外と、いろいろやってますな。スマフォ依存ひどいwww)

名前からなんとなく想像できるとは思いますが、クライアントアプリ「Air Video HD」をiPhone/iPad/iPod Touch/AppleTVに入れ、サーバアプリ「Air Video Server HD」をMac/PC/Linuxで走らせると、マシンの内蔵HDD/SSDなり、DASなりNASなりに溜め込んだ動画を自在に再生できます(ちなみに、クライアントは有料、サーバは無料)。ウチは長年、自宅サーバを固定ipでやっているんで、どこからでも直に見られますが、そうでなくてもルータに穴空ければ、フツーのご家庭でも同様のことができます(たぶん)。

コイツの優れているところは、とにかく群を抜いた、全方位にスキの無い基本性能の高さ、です。 続きを読む Air Video Server HD for Linuxのちょっとしたメモ(実質systemdばなし)

PCKeyboardHackに設定切り替え機能を!

MacBookPro(Retina, 15-inch, Late 2013)を買いました。
心踊るニューマシンのはずなんですが、喜びも中くらい、といったおもむき。
前回購入のマシンはEarly 2010なんで、普段の買い替えサイクル(だいたい5年)からするとあまりにも早い。メモリ増量&SSD換装&光学ドライブ撤去、さらにACアダプタ交換と順調に延命対処も施していたので、まだまだ戦える! はずだったのですが。。 続きを読む PCKeyboardHackに設定切り替え機能を!

リモート鯖にファイルを落として展開するときのメモ

普通にWebアプリ開発している人は、アプリやらライブラリやらプラグインをいったん手元にダウンロードしてから、ftpなりで鯖に上げているようですが、私はほとんどの場合sshでサーバを直接いじっているので、時々ファイルの取得で鬼ハマります(sourceforgeみたいにdirect linkも併記してくれていると嬉しいのですが)。

というわけで、シェルで繋いだ先でファイルを取得したい時のTIPSをいくつか。 続きを読む リモート鯖にファイルを落として展開するときのメモ

mb_func_overloadと.htaccess問題だった

wordpress 2.5x/2.6xとphp5.2.x(とx86_64?)の挙動不振」の続報。

みなさん、あれこれあれこれと対策を挙げてらしたのですが、残念なことにワタシの環境ではうまいこと解決しませんでした。

…が、ついに解決! 解決方法はこちら。 続きを読む mb_func_overloadと.htaccess問題だった

nmlをシャッフルシャッフル! -2

さる11/18にナクソス・ミュージック・ライブラリーサイトがリニューアルしたわけですが、そのあまりのプラマイゼロっぷりに絶望していたところ、拙作の「nmlシャフラー」が動かなくなっている!(注:応急処置したので、2008年11月いっぱいは動きます)
で、検索まわりをチェキったところ、postメソッド+javascriptでがっちりガード。検索エンジンにディープクロールされるのがそんなにイヤですかそうですか。…というわけで、ヘッダ解析しつつ、cURL関数など援用しつつ、とりあえず対処完了。

nmlシャフラー2

まあ、いろいろ問題を抱えたコードのような気がするが、、、まあ、いいか!

[2008-12-04追記] cache-controlがヘッダに入っているのでおんなじ検索結果が二回ずっこ出ることに気づいたので、そこら辺をゴリゴリと。

[2008-12-14追記] セッション寿命の問題なのか、シャフラーが動かなくなってしまった。ヘッダをキャプチャしなおして、__EVENTVALIDATIONの値を最新のものにしてとりあえず解決。うにゅー。

[2009-02-22追記]まれにときどき動かなくなるものの、__EVENTVALIDATIONをいじらなくても復帰するように、いつの間にか、なった。まあ、めでたい。

[2009-02-23追記]nmlのライブラリアンが怒涛の勢いでトラックを突っこんでくるので、シャッフルする数値の母数の更新がだんだんメンドくさくなってきた。というわけで地味に改良。アクセスしたときに検索全件が表示されるので、その値をmb_egrep()で切り出して、テキストファイルに保存。次回のアクセス時はその数値ベースで乱数を発生するようにした。まあ、母数17万もあるんだから、そんなに頻繁に更新せんでも十分な気もするが、自動化マンセーということで。

wordpress 2.5x/2.6xとphp5.2.x(とx86_64?)の挙動不振

# mbstring関係とおぼしき話なんだけど、なぜか日本語の情報が異常に少いのでエントリ書いてみる

最近、もろもろの事情からphp5.2.6を導入後、webサーバの挙動が極端に遅くなることがあることに気づいた。ちょっと負荷が、といった程度ではなく、えんえんと高負荷状態が続き、そうなると大抵のサーバはメールサーバも兼ねているので、そっちが遅延しだす。ヘタするとnamedがコッソリ落ちたりする。ワームが喰いついた形跡もないし、サーバを再起動すると何事もなかったように復帰。

で、いろいろと原因を探ったところ、httpd/error_logにこんな記録が。 続きを読む wordpress 2.5x/2.6xとphp5.2.x(とx86_64?)の挙動不振

Keyboard Maestro 3.2に上げた

その昔Quickeysという強烈無比なキーボードマクロユーティリティがあり……ってまだあるのか!>QuicKeys しかもWindows版まで出てる! あ、でもなんかバージョンアップが滞り気味だな。。

気をとりなおして。 続きを読む Keyboard Maestro 3.2に上げた

で、結局iGTDを使っている件(あるいは漏れのGTDアプリ廚懺悔録2007)

ちょいと前までやれGTDTiddlyWikiだ、なんだ、と騒いでいたワタクシですが、ぢつはその後「やっぱりGTD道にちゃんと則ったナニを使わないとダメなのではないだろうか」という気分になり(自分を型にはめないと不安になるタイプ)、gtd-phpに乗り換えてました。

日本語ではgtd-phpの情報はあまりなかった(とりあげられてはいるんですけどね)ので、最初はなんじゃーと思っていたのですが、しつこく触っているうちに、このアプリが、「すべてをいったんプロジェクトに入れて、そこからactions/waiting on/references/someday maybeに振り分ける」という思想で作られていることを理解し、「なんて型にハマっているんだ!!(注:プラス評価)」とカンドーして、しばらく使っておりました。

ただ、使っていくうちに不満も出てきて、とりわけ致命的だったのは、「すべてはプロジェクトに属すべし」という、この縛りに対する自由度があまりにもなかったこと。 続きを読む で、結局iGTDを使っている件(あるいは漏れのGTDアプリ廚懺悔録2007)