ロックされて「ユーザー知らず」になっちまったファイルの処遇 on Mac OS X

DreamWeaverとゆうソフトがエラいのは、なんといってもそのサイト管理機能にある、と言っても過言ではない(というか2005年現在、DreamWeaver 8未満でWebを作る意義はコレくらいしかない。DreamWeaverキラーの真打ちは「Web標準」だった、なんて言うと今時っぽいのかもしれませんが、マクロメディア後手に回り過ぎというのが偽らざる感想)わけですが、コイツでファイルのチェックイン/チェックアウトというのをやると、ローカルに置いたコンテンツに全部ロックをかけやがるわけです。で、なんかの拍子にそのコンテンツが不要になる、と。

……す、捨てられねえ。

そう、Mac OS Xではロックされたファイルはゴミ箱に捨てられないのです。一つのフォルダだけならまだしも、アレとコレをコマンド+クリックで複数選択しまくって、「あーもうコレ捨てるか→拒否られる→キー!((c)ゲイツちゃん)」などということを幾度も繰り返し、いつしか(10.4くらいから「11項目以上選択されているときはファイルインスペクタになる」という機能がついたのを知らずに)「ドリのファイル捨てる時はターミナル併用」という方向に行きつつあったのですが、先日これに輪をかけしんにょーをかけた出来事発生。

さる事情により、ハードディスク増設の際に「システム内部のユーザ名変更」というのをやったのですが、その時に古いユーザ名で作成されているファイルが「名無しさん」になってしまったのですね。で、それらはフォルダに進入禁止マークがついたりして、結構操作がめんどいことになっていて、必要に応じてchown -R などをかけまくっていたわけですが、ここでドリのコンテンツの話になるわけです。つまり、旧HDD内のドリのコンテンツはきっちりチェックインしているので、すべて

「ファイルがロックされていて、かつファイルオーナーが自分ぢゃない」

状態なワケです。さて、どうしてくれましょう。

Finderから情報見る→ロック変更出来ず。(そりゃそーだ)
Finderから情報見る→所有者変更出来ず
ターミナルでchown→operation not permitted
ほーそうですか、というわけでsudo chown→operation not permitted
禁断のsudo suからのchown→やっぱりだめ

……というわけで完全にお手上げ状態。今まではフォルダごと問題のファイルを消して、コッソリリモートのファイルを落としてきていた(おい)のですが、いつもいつもそうそううまくコトが運ぶわけもなく、いつ問題発生か、とヒヤヒヤしていたのですが、このたび

アップル – サポート – TIL Mac OS X でゴミ箱を空にできない、またはロックされたファイルを削除できない

にある、「chflags -R nouchg ファイル名」の呪文を覚えて無事解決。なーんだファイルのロック外すコマンド、やっぱりあるんスね。。なぜ、ロックされたファイルを含むフォルダは消せるのか等々、この仕組みも結構突っ込みどころが多いのですが、まあ解決したからいいや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です